まちの案内サイン見直しプロジェクト

市で設置しているまちの案内サインは、案内するうえで設置箇所が必ずしも効率的な配置になっておらず、また、文字の書体や大きさなどのデザインが統一されていないため、利用者にとってわかりづらく、まちの風景に相応しいものになっていないものもあります。

そこで、市の設置基準となる「案内サイン共通仕様書」の見直しを図りデザイン性に配慮した規定を追加するとともに、体系的なサインシステムを構築し、リデザインを行っています。


上に戻る