プロジェクト

  • 「デザイン都市・神戸」創造会議
    まち、くらし、ものづくりの3つの分野を基本的方針とする「デザイン都市・神戸」の推進に関し、神戸市が実施している施策や事業、また今後の方針に対して、デザインの視点で外部専門家より横断的にかつ具体的に提案をいただくため、平成26年度より開催しています。互いに知恵を持ち寄り、それが交わることで、新たなアイデアが生まれる実践の場となっています。
  • 雑デザインの雑談会
    「デザイン」の先駆者を神戸にお呼びして、自身の関わったプロジェクトのエピソードやこだわり、いま気になるデザインなどについて、雑多なお話を伺うトークイベント。デザインやクリエイティブの可能性について、未来をつくるデザインについて、皆さんと一緒に考え実践していくきっかけになればと思います。
  • 中小企業柱巻広告デザインコンペ
    市内中小企業広報強化とデザイン力向上を図るとともに、若手クリエイターの発掘・育成を行うことを目的に、市内中小企業の柱巻広告デザインコンペを若手クリエイター対象に行っています。
  •  デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の事業
    デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)は、旧神戸生糸検査所を改修し、「創造と交流の拠点」として平成24年8月に開設、貸館事業や「デザイン都市・神戸」を推進するための自主企画事業の展開を行っています。
  • CROSS
    デザインを活用したモノやコトを生み出す企業が増えることを目指して企業とクリエイターがつながるきっかけづくりを進める場です。トークイベントを中心に、ときにはミニワークショップや相談会なども混ぜ込んで。
  • こどもSOZOプロジェクト
    デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)を活用し、こどもを対象にソウゾウ(創造と想像)力を育むワークショップを開催することにより、未来の「デザイン都市・神戸」の担い手の育成を行っています。
  • まちの案内サイン見直しプロジェクト
    市の設置基準となる「案内サイン共通仕様書」の見直しを図りデザイン性に配慮した規定を追加するとともに、体系的なサインシステムを構築し、リデザインを行っています。
  • 庁舎空間見直しプロジェクト
    「デザイン都市・神戸」にふさわしい市庁舎空間の検討を行っています。
  • デザインの日記念イベント
    神戸市では、アジアで初めてユネスコ・創造都市ネットワークの「デザイン都市」に認定された記念すべき日(平成20年10月16日)を「KOBEデザインの日」として、市民のみなさまにデザインを身近に感じ、親しんでいただけるような記念イベントを開催しています。
  • issue+design
    市民・事業者・行政の協働により、くらしに身近な課題(防災、医療、環境、食など)について、「デザインの持つ美と共感の力」で解決し、市民が安心して暮らせる社会の実現を目指す、社会課題解決プロジェクト「issue+design」に参画しています。
  • ユネスコ創造都市ネットワーク
    ユネスコ・創造都市ネットワークとは、異なる文化の相互理解をめざすユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が、文化的な産業の強化により都市の活性化をめざす世界の“創造都市”の連携による相互交流を支援するために創設したものです。神戸市も2008年にデザイン都市に認定されており、ネットワークを活用した連携・交流事業を実施しています。

上に戻る