「デザイン都市・神戸」トップページ > 準備拠点KIITO(アーカイブ)
「デザイン都市・神戸」における創造的活動支援事業の拠点




■+DESIGNワークショップ「■CASAでおさかなをつくろう!」

workshop_01 チラシはこちらからダウンロード


夏にぴったりなすずしげなおさかなをつくりませんか?
材料は不用になった「傘」の布。
簡単でかわいい、リメイクの秘訣を教えます。
是非ぜひご参加ください。

【講師】
HOUKO(CASA PROJECT.com 代表)
CASA PROJECTとは、「不用になった傘を新しく生まれ変わらせるプロジェクト」です。
CASA PROJECT HP

【開催概要】
日 時/2011.7.17(日) 13:00~15:00
参加者/12名

※今回のワークショップで使用する傘は、神戸の皆さんが不用になったものや、捨てられているものを使用して行いました。



【ワークショップの様子】
ws_02_01 カラフルな傘の布がテーブルにたくさん並びました。水玉や花柄、チェックなどいろいろあります。


ws_02_02

会場に飾り付けた傘越しのポートアイランドです。外はとてもいい天気でした。


ws_02_03


一か月ほど、KIITOで頑張って宣伝してくれていたサンプルのおさかなです。
会場もカラフルに彩られていました。


ws_02_04 HOUKOさんによるサンプルも展示されていました。さかなだけでなく貝やたこ、ヒトデなどたくさんの海のいきものが勢ぞろいです。


ws_02_05
参加してくれた女の子が当日に持って来てくれた傘を解体中。想い入れのある傘がおさかなに生まれ変わります。


ws_02_06 和やかな雰囲気での制作。小さい子もとても集中しておさかなづくりをしていました。



ws_02_07.jpg さかなの型を切って、うろこやひれなどをつけたら、ミシンで周りを縫い合わせます。写真は、ミシン縫いをする講師のHOUKOさん。



ws_02_08.jpg
できあがったおさかなをうれしそうに見せ合う参加者たち。


ws_02_09.jpg
完成作品その1 たこの口が個性的◎


ws_02_10.jpg
完成作品その2 いろとりどりのおさかなたち




また、会場には、CASA PROJECTのバッグやペンケース、ポンチョなども展示されていました。 ws_02_11

ws_02_12

ws_02_13

ws_02_14


今回のワークショップでは、不用となった傘の布を使って、おさかなをつくるというものでした。 参加された方は、普段、そのままゴミとなって捨てられてしまう傘たちが、かわいいおさかなに生まれ変わる様子を楽しみながらつくっておられました。ワークショップ終了後には、余った傘の布を持ち帰って、「自分の家でもつくってみたい。」という方もおられ、KIITOでの開催により、神戸でのCASA PROJECTの輪がより一層広がっていく予感も持つことができました。


また、15:00から18:00までは、CASA PROJECTで行っている「CASA-HATA」(傘旗)と連動して、東北の南三陸町に届けるおさかな制作を行いました。
30匹をこえるさかなができあがり、今後、南三陸町に届けられる予定です。


「CASA-HATA」
CASA-HATAについて
進行状況
第一弾!@南三陸町

Copyright © KOBE DESIGN HUB. All Right Reserved.