「デザイン都市・神戸」トップページ > 準備拠点KIITO(アーカイブ)
「デザイン都市・神戸」における創造的活動支援事業の拠点
■.DOCKTALK

space_42_001

『.DOCKTALK「デザイン」の内と外』は、神戸市が2012年7月に創刊する、デザイン都市・神戸を発信するメディア『.DOCK』の公開取材イベント。
『.DOCK』の名は、港町・神戸を象徴する「波止場」を意味する英語の"DOCK"、そして、"Document Of Creativity in Kobe(神戸のクリエイティヴィティの記録)"の意味をあわせ持ちます。神戸の情報を一方的に発信するのではなく、神戸市の内と外、デザイナーと市民な ど、さまざまな内と外をつなぐメディアとなることを目指している。『.DOCKTALK「デザイン」の内と外』は、「デザイン」の意味や役割が広がるなか、地域や職域、組織などの、さまざまな「内」と「外」をテーマに、「デザイン」の輪郭を探る試み。5名の企画者がそれぞれの視点から、計9つのトークイベントを企画が開催されました。

■開催概要
日 時/2012年3月13日(火)~3月31日(土) 全9回
主 催/神戸市企画調整局デザイン都市推進室
企画者/相澤久美(建築家)
    大谷 燠(NPO法人 DANCE BOX Executive Director)
    久慈達也(神戸芸術工科大学研究員)
    後藤哲也(デザイナー)
    近藤 聡(デザイナー)
    (五十音順)
URL/http://kobedocktalk.blogspot.jp/

■トークイベントスケジュール
3/13 (火) 「Touchable face and future〜触れられる未来〜」 小山田徹、海子揮一
3/14 (水) 「デザインをみせる:ファッションの展示」 浜田久仁雄
3/18 (日) 「ジモトとシゴト」 秋元友彦、柿崎慎也、後藤基史
3/22(木) 「デザインをみせる:デザインディレクションという仕事」 岡田栄造
3/25(日) 「NIPPONのデザイン/KOBEのデザイン」 Lucas B.B.、collect.apply、Bianca Beuttel
3/27(火) 「クリエイティブ・リユースがもたらすもの」 大月ヒロ子
3/28(水) 「自己編集と仕事のこれから」 アサダワタル、太刀川英輔 (NOSIGNER)
3/30(金) 「モノの見方」 光森裕樹
3/31(土) 「.DOCKTALK aftertalk」 花里政治、三宗匠


■トークイベントの様子
space_42_04
3/14 (水)「デザインをみせる:ファッションの展示」

space_42_05
3/18 (日)「ジモトとシゴト」

space_42_06
3/22(木)「デザインをみせる:デザインディレクションという仕事」

space_42_07
3/25(日)「NIPPONのデザイン/KOBEのデザイン」

space_42_02
3/27(火)「クリエイティブ・リユースがもたらすもの」

space_42_03
3/30(金)「モノの見方」



Copyright © KOBE DESIGN HUB. All Right Reserved.