「デザイン都市・神戸」トップページ > 準備拠点KIITO(アーカイブ)
「デザイン都市・神戸」における創造的活動支援事業の拠点




■KIITO PARTY vol.2 「Meets+DESIGN」
workshop_01 チラシはこちらからダウンロード



【開催概要】
日 時/2011.5.27(土) 19:00~21:00
参加者/60名

【プレゼンター】

【食+DESIGN】
自然「ナチュラル」をテ-マに素材×素材を組み合わせてオリジナルの食をデザインしてお楽しみ頂けます。
 
kusuda.gif 楠田 裕彦(METZGEREI KUSUDA)

1972年生まれ。幼少時代鹿児島に移り、ハム職人の父の仕事を手伝う。高校卒業後、神戸、大阪でイタリア・フランス料理を学ぶ。震災後、レストランロ-テロ-ゼでシェフを務める。 1996年渡独。バーデンヴュルテンベルグ州バートザウルガウのメツゲライ ヌスバウマーでハム・ソーセージの修行を始める。フランス・アルザス・パリでのシャルキュトリ-で研修を受けた後帰国。2000年鹿児島クスダハム工房にて工場長として携わる。2004年神戸に移り、メツゲライクスダ六甲道店を開店。2009年芦屋店を開店。

HP:METZGEREI KUSUDA
 

【空間+DESIGN】
普段から僕が扱っている木という素材をメインに使用し、心地いい空間 を演出します。
素敵な食をよりおいしく味わっていただけるように・・・
素敵な夜景をよりゆったり眺めていただけるように・・・
そして素敵な交流が生まれるように・・・。

yamagiwa.gif 山極 博史(うたたね)

1970年大阪生まれ、宝塚造形芸術大学産業デザイン科卒業、 カリモク家具株式会社にて商品開発に携わる、その後長野県松本技術専門校にて家具製作技術を学ぶ。工房でのアシスタント等を経て1999年「うたたね」を立ち上げる。コミュニケーションを大切に、手で考え、手でデザインし、日常に溶け込む家具や生活道具を産み出しています。またショップや企業との商品開発やデザインプロデュースも行ない、 ワークショップや勉強会などを通じてモノ作りを伝える活動などにも取 り組んでいます。「第2回,第5回暮らしの中の木の椅子展」、遠藤照明AbitaStyle「家具デザインコンペティション」などコンペ等での受賞も多数。

HP:うたたね


【プレゼンター発表の様子】
meets_02_01 楠田裕彦氏(METZGEREI KUSUDA)の発表。

meets_02_02 山極博史氏(うたたね)の発表。

【食+DESING】
meets_02_03 カッティングボードにのったハム・ソーセージ・パン。

meets_02_04 きれいに飾られた、ハム・ソーセージ。

【空間+DESIGN】
meets_02_05
突っ張り棒で飾られた、小鳥と花。

meets_02_06 大きなつくえを小物と食材がならび、それを囲む参加者。


【交流の様子】
meets_02_07 交流の様子その1


meets_02_08.jpg
交流の様子その2

【トークセッションの様子】
meets_02_09.jpg
左から、楠田氏/山極氏/永田氏

今回の「Meets+DESIGN」は、大きなつくえや小物達が暖かい雰囲気をつくり出し、色鮮やかな食材が彩を加え、自然と笑顔のこぼれる交流イベントとなりました。後半に行いましたトークショーでは、楠田氏と山極氏のコラボレーションについてそれぞれ意見をいただき、これを機会に今後もコラボレーションしていきたいとおっしゃっていました。

Copyright © KOBE DESIGN HUB. All Right Reserved.