【参加者募集】 なりきりラボKOBE つくってうみだす、探究学習×おしごと体験 ~令和3年度こどもの創造性を育む団体活動助成金制度選定事業~

神戸市が参画する「こどもの創造的学び推進実行委員会」は、新しい価値を創造できる人材を育成するため、高校生以下を対象とした創造的学びのプログラムに対しての助成を行っております。

この度、選定事業として、なりきりラボKOBE~つくってうみだす、探究学習×おしごと体験~ が開催されます。

大人の世界をのぞくドキドキ、働くワクワクは子どもにとって夢そのもの。エンジニアリングからデザイン、アートやジャーナリズムまで、憧れの仕事について探究しながら、“つくってうみだす”新しい学び体験を通してこども達の創造性や好奇心を育みます。

グッドデザイン賞受賞の小学生向け探究学習プログラム「なりきりラボ®」「おしごと算数®」を下敷きに、神戸ならではのクリエイティブな学び体験をお届けする取り組みです。初めての試みとなる2021年度は、子どもたちに人気の6つのテーマ(仕事)に出会える入門編を開講します。

 

対象・開催日時 各回、以下、二部制で開講
午前の部(小学1年生~3年生対象) 10:30~13:00
午後の部(小学4年生~6年生対象) 14:30~17:00

※各回の詳細はPDFをご確認下さい

①11/27(土曜) ロゴデザイナー
②12/25(土曜) メカエンジニア
③12/26(日曜) エレキエンジニア
④1/23(日曜) 建築家
⑤2/25(土曜) アーティスト
⑥3/21(月曜・祝) ジャーナリスト
会場 KIITO:300
受講料 各回2,500円(税込)
主催 「探究学習100」運営事務局
申し込方法 こちらのURLよりお申込み可能です。
https://tankyu100-narikirilab-kobe.peatix.com/
申込期間 各開催期日の前日18:00まで応募可能。
お問い合わせ 催事のお問い合わせ先:03-6869-9822 / tankyu100@aschool.co.jp

子どもの創造的学び推進実行委員会とは

神戸市では、こどもの創造的学びの活動ビジョンとして“「挑戦」を尊び、称えあう街へ”を掲げ、こどもたちがさまざまな「本物」や「あこがれ」と出会い、好奇心を持って果敢にチャレンジすることで、「予見困難」と言われる未来を、創造力を持って切り拓いていける文化が根付いた都市を目指しています。今年9月には、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)に、創造的な学びの情報を集約・発信し、多種多様な活動を生み出すプラットフォーム「KIITO300(キイトサンマルマル)」を開設しました。
これに合わせて、神戸市とデザイン・クリエイティブセンター神戸指定管理者等が参画する「こどもの創造的学び推進実行委員会(以下、実行委員会)」を立ち上げました。

こどもの創造性を育む団体活動助成とは

新しい価値を創造できる人材育成のため、高校生以下のこどもたちを対象に継続的にプログラムを提供していく団体の支援を目的とした、助成事業です。
実行委員会では、以下、キーワードを盛り込んだプログラムを実施する団体を支援して参ります。

【キーワード】
・好奇心を爆発させられるような体験 ・自ら発見し、気づく体験 ・自ら決定し、挑戦する体験
・本物(先端技術、各分野で活躍する人物等)と出会い、ぶつかる体験
・新型コロナウイルス感染症に関連して、今後必要とされる持続可能な社会について考える体験

「KIITO 300(キイトサンマルマル)」とは

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)に開設するこどもの創造的学び・社会貢献活動の交流拠点。拠点を中心に実施するこどもの創造的学びを目的としたプロジェクト名を「KIITO 300キャンプ」、社会貢献活動を目的としたプロジェクト名を「KIITO 300ファーム」として、開設に向けてトークイベントや説明会などのプレイベントを実施してきました。
こどもからシニアまで、多くの市民、企業や大学、NPO、教育関係者の方々に利用していただき、創造的活動と社会貢献活動を軸としたさまざまなプログラムを実施し、多世代が集い活動する拠点を目指します。
URL: https://kiito.jp/schedule/project/articles/48619/

 <KIITO300/キャンプ>


こどもたちの好奇心と探求心を刺激する新拠点です!

〇活動内容
・毎週末クリエイターとともに考えた、こども向けのアートやデザインのワークショップやイベントを開催します。
・こどもの学びを育むツールとして注目をされているボードゲームを常設設置し、こどもたちが何時でもおよそ50種類のボードゲームを自由に楽しむことが出来ます。

 

参考PDF

 

 


上に戻る