雑デザインの雑談会 vol.8

今回は、ゲストにライター/造形作家の乙幡啓子氏(妄想工作所)を迎え、アイデアの発想過程や創造性が市民生活にもたらすものについてお話を伺います。
デザインやクリエイティブの可能性について、未来をつくるデザインについて、皆さんと一緒に考え実践していくきっかけになればと思います。
第2部は「雑交流会」。ゲストと一緒に楽しい時間をお過ごしください。
ここから何か創造的な取り組みが生まれることを願って。

 

日時 平成29年12月7日(木)
第1部:19時~20時30分
第2部:20時30分~21時30分
場所 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) 1Fカフェ
兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4
ゲスト 乙幡 啓子(妄想工作所)
聞き役 山阪 佳彦(神戸市クリエイティブディレクター)
定員 40名
参加費 第1部「雑トーク」:無料
第2部「雑交流会」:1,000円(1ドリンク&スナック付)
申込 メール(design-kobe@office.city.kobe.lg.jp)またはFAX(078-322-6051)に、件名を「雑デザインの雑談会 vol.8」とし、
「氏名」「電話番号」「第2部の参加/不参加」を書いてお送りください。
期限 平成29年12月1日(金)13時
その他 ・応募多数等の理由で参加いただけない場合はご連絡します。
・第2部「雑交流会」については、第1部「雑トーク」にご参加いただいた方のみ、ご参加いただけます。

 

<ゲストプロフィール>

群馬県出身・東京在住。「デイリーポータルZ」等、様々な媒体で脱力系工作記事を連載中。妄想工作所名義で「ほっケース」「ケルベコス」「カードゲーム『民芸スタジアム』」などの雑貨製作・企画も行う。
「雑貨大賞」にて「湖面から突き出た足 製氷器」が大賞、「餃子リバーシ」が部門賞を受賞。
昨年フェリシモ企画サイト「妄想商品化道場」にて発表・商品化した「ノアの方舟ポーチ」「モーセの奇跡ポーチ」や、イベント用に製作した「ハトヒール」は海外でも大きな話題となる。
スマホTV番組「また、つまらぬ物を作ってしまった」では、ラーメンズ片桐氏とともに工作合戦を繰り広げ、番組はDVD化もされる。


上に戻る